伊勢渓流釣行 - 2015夏 Part1 -

お盆休みを利用して、8/8から三重県のホームリバーへ

遠征釣行。

到着後、まずは宿泊場所である小屋の掃除から。

しばらく人が来ていなかったので、冷蔵庫が通電されて

いなかったため、冷蔵室はカビだらけ!

部屋もところどころネズミに荒らされていて

寝泊りの準備に2時間位はかかっただろうか。

滞在の準備を整えると、いても経っても

いられなくなり、翌日からの下見も兼ねて早速

川へと車を走らせる。

ポイントに降り立ってみてびっくり!!

15080801(R).jpg

入渓地点で最初に狙うポイントは、完全に

干上がっていた(黄色の線は平水時に水が流れているところ)

いつもアマゴが溜まっている淵も御覧の通り

15080802(R).jpg

普段なら黄色い矢印の先辺りまで水が来ているのだが・・・

それでも、しばらく水無き川を遡上していくと

やがて水の流れが現れたが、釣り開始後間もなく

雷が鳴り始めたため、大事を取って一旦退渓することにした。

その日は夕方から再度ダムのバックウォーター付近で

1時間程ロッドを振ってみたが、1匹かけたものの

バラして終了となった。


二日目、昨日退渓した付近から釣りスタート。

開始後まもなく、やや大きめの落ち込みで最初のアタリ!

P1020324.jpg

しかし残念ながら、手前の岩の下にもぐられてバラシ・・・

良い型だったのだが。

再度、大きな落ち込みでアタリ。

P1020325.jpg

これもバラシ、残念。

その後、同じような落ち込みのポイントで

連続3匹バラしてしまった・・・昨日から数えて

6匹連続のバラシ(手応えからして全て20cm以上の

グッドサイズばかり)である。

集中力が切れてしまったたため退渓

夕方から昨日行ったダムのバックウォーター付近に

行ってみたが、ノーフィッシュにて2日目終了。

3日目、5時半に起きて出発、早朝から頑張ってみたが

前日とは打って変わって沈黙が続く。

「今日もダメかな」と思い始めた10時半ごろ

ようやくファーストフィッシュ!!

P1020336.jpg

この水系では時々見るずいぶん朱点の濃いアマゴ。

こんな小場所についていた↓

P1020338.jpg

そのすぐ直後、少し上がった流れ出し付近で2匹目

P1020341.jpg

先程同様、主点の濃い個体。

P1020339.jpg

その後が続かず、夕方も釣りはしなかったため

3日目はこの2匹にて終了。

4日目、4時半に起きてポイントへ。

これまで身内から、危険なので行かないよう

釘を刺されていた場所である。

それでも、今までに何度か行こうとしたことが

あるのだが、いつも先行者の車が止まっていて

入れたことがなかったのだけれど、この日は車も

止まっていたなかったので、迷わず入渓することに。

しかし、入渓してみて身内が釘を刺す理由がよくわかった。

P1020343.jpg

P1020345.jpg

切り立った岩が連続していて、危険極まりない。

それでも、せっかく来たのだからとしばらく釣り上がってみたが

状況は厳しい。

1時間半程釣り上がって、身の危険を間近に感じてきたので

ここらで止めておこうと思ったところでようやくヒット!

P1020347.jpg

小さいけれど、貴重な一匹。

ここで一旦退渓し、下流へポイント移動。

移動先でも厳しい状況は変わりなく・・・

P1020351.jpg

1匹追加するのがやっとであった。

翌日は、沢から引いている飲料水が細くなっていたので

そのトラブル解消に多大な労力と時間を費やし

釣りには行けず、今回の釣行はこの日を持って

最後になった。

大苦戦はしたものの、未開のポイントに

トライすることもできたし、釣り以外で得るものも

多かった釣行であったように思う。


*釣行データ
天気: 晴れ
8/8:  0匹
8/9:  0匹
8/10:  2匹(14-17cm) 
     ヒットルアー:  リッジ56F
8/11: 2匹(15-16cm)
     ヒットルアー:  AR-S



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お帰りなさい

待ってましたよ。
 お疲れさんでした。

 やはり減水のようですが、初期の一帯はかなり土砂で埋まっているようにも見えますね。

 それにしても、釣れたアマゴの朱点は派手ですね。

 また後半で楽しみましょう。

台風

神田さん、こんばんは

ご想像の通り、渇水に加えて土砂で埋まっています。

おそらく7月の台風11号で運ばれてきたものではないかと。

滞在中、一雨あれば良かったのですが。