京都渓流釣行 - 2015夏 Part3 -

日曜日、久しぶりの渓流釣行。

とは言っても、時間が限られていたので

京都市内を北上して賀茂川水系を目指した。

二車線だった道路が徐々に細くなって行き

ついには、離合が困難な道幅に。

そんなところでも、道端には「ワンマンバスが

通ります」の看板が・・・


村上春樹作の小説「ノルウェイの森」の中で

主人公が出町柳からバスに乗り、サナトリウムで

療養している彼女に会いに行くのだけれど

バスが川に沿ってしばらく走ると

道が狭くなり、車同士では行き違いができないため

主人公の乗ったバスか、対向車のどちらかが

一旦バックしてやり過ごすシーンがあるのだが

「きっとここら辺のことなのだろう」と思いを

巡らせながら車を走らせる。

閑話休題

今回はポイント開拓を兼ねての釣行と

いうこともあり、車を止められそうなところを

見つけて入渓。

濁りは取れて、すっかり夏の渓である。

まずは、ミノーで攻めてみるが反応なし。

それでは、とスピナーに変えてみると、数投目で

ルアーを追いかけてくる黒い影。

P1020315.jpg


ファーストヒットは朱点の鮮やかな12cmのおチビちゃん。

しばしの後、やはりスピナーで瀬を攻めていた時に

アタリ

P1020318.jpg

P1020317.jpg


今度は先程とは対照的に主点の薄い17cm

その後は長く沈黙の時間が続く。

市内からも近く、川も細いのでもうあまり魚も

残ってはいないのか、ほとんどチェイスが

見られない。

その後結局

P1020319.jpg

14cmを1匹追加、1匹バラシ(これが一番大きかった)で時間切れとなり終了。

3時間弱の短い釣行ではあったが、真夏の渓の心地よさを

味わうことができただけでも良かったかな。

*釣行データ
アマゴ 12~17cm x 3匹
天気: 晴れ
気温: 39.1℃(京都市内)
水温: 17~17.8℃
ロッド: カーディフB50UL
リール: SS AIR 8.1L
ライン :トラウティストエリア ナイロン4lb
ヒットルアー: AR-Hシルバー、ゴールド
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっぱりこの時季に入ると賀茂川水系、あちらもこちらも厳しそうですね。
 水位が落ち着いてきたのも一因かもしれませんが。
 まだ希望はあるように思います。

やはりこの時季は厳しいんですね?

賀茂川水系は全然詳しくないので

ちょっと空いた時間がある時や

遠出できない時などに

ポイント開拓がてら回りたいと

思います。