ベイトフィネス

今年から通っている渓流はポイント周りで

草木が生い茂っている場所がとても多い。

まぁ、渓流はだいたいそうなのだが・・・

それはさておき、三重のホームの河川でも

現在使っている6フィートのスピニングタックルだと

攻めにくいポイントがいくつもあるので、もう1セット

タックルを購入することにした。

・ロッドはこれ↓

1ロッド

シマノのCARDIFF NXB50UL !!

CARDIFFシリーズはこれで3本目になる。

1本目は3年前、誤って川に転落しかけた時に

思わず手を放してしまい、リールごと川に流してしまった。

とても気に入っていただけにショックが大きかった。

2本目は、使い倒しているうちにトップガイドの内側が

割れてしまったが。修理して現在もメインタックルとして活躍している。

3本目となる今回、渓流用としては初めてベイトキャスティングロッドを

購入。

ということは・・・

2リール

リールも買ってしまった(^^;)

ダイワのSS AIR 8.1L !!

バス釣り少年だった頃、ABUのアンバサダーが高くて

買えなかったというのもあるけれど、当時最新の

マグネットブレーキ機構やクラッチを切った後

指を動かすことなくキャストができるオートキャスト機構に

魅了されて、ベイトキャスティングリールはダイワ派であった。

しかしながら、オートキャスト機構がすぐ壊れてしまう

耐久性の低さに嫌気がさし、国産はいつの間にか

スピニングリールも含めて、シマノを選ぶように

なっていたのだが、今回は知人の話やネットで情報収集した結果

久々のダイワ製リール購入となった。


デザインは洗練されていて形が美しいだけでなく

軽いルアーを投げても従来のベイトキャスティングと

比べて、格段にバックラッシュしにくいらしい。

マグネットブレーキもかなり進化したんだろうなぁ・・・

3リール-2

同梱されていた注意書きを読むと、「16lb以上のライン又は

15g以上のルアーは使うな」とか、「50m以上ラインを巻くな」とか

「PEラインは使うな」とか、やたら注文が多い。

美人はやっぱりわがままなのかな?(笑)

ロッドにセットして一人でニヤニヤしてます。

4リール、ロッドセッティング

近々、ベイトフィネスデビューの予定 ! !

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ベイト登場

 こんばんは。
 いよいよベイト登場ですね。
 次回見せていただきます。
 ところで10日ほど離れていたのですが、雨はよく降ったのですか?

Re: ベイト登場

神田さん、こんばんは

腕が足りない分を道具でカバーする事に
しました。

雨はそこそこ降ったと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。