FC2ブログ

本州最南端の地へ初釣行 -紀州釣り紀行 2017冬-

10〜11月にかけて、まるで週末を狙ったかのように

天気が崩れてなかなか釣りにいけず、実に2ヶ月ぶりとなった釣行は

釣友神田さんの誘いで生まれて初めて和歌山の串本方面へ。


初日は、夕マズメからのメッキ狙い。

神田さん曰く、活性が高ければトップウォーターにも食ってくるとの事だったので

小型のペンシルベイトから始めてみたが、ここ数日の冷え込みのためか

トップには無反応。


すぐにあきらめ、おそらく20年はタックルボックスの肥やしになっていた

ラパラCD-7RHを使ってみる。


何投目かに足元近くまできたルアーをピックアップしようとする直前

猛烈な勢いでヒラメがラパラにバイトしてくるのが見えた。


重みが乗ったと思った次の瞬間、非情にもラパラだけが水中から飛んできた。



何とも無念!

悔しさいっぱいでキャストを再開して数投目、表層を泳いでくる

ラパラ目掛けて、またしてもヒラメが海底から猛烈な勢いで

食いついてきた。


今度はしっかりとフッキングしたのだが、今回はその勢いで

ラパラだけでなく魚も一緒に水中から飛んできた。

P1030341.jpg

長年釣りをやってはいるものの、ヒラメを釣るのは人生二度目なので

とても嬉しかったのだが、厳密に言えば、ヒラメよりもソゲと呼ぶべき

サイズ(26cm)だったため、持ち帰りたい気持ちをグッとこらえ

写真を撮ってリリース。


結局、夕マズメはこのソゲ一匹のみで、本命のメッキの姿は

見られなかったのだが、実を言えば密かにヒラメも狙っていたので

不満なく夕方の釣行は終了。


いったんホテルに戻り夕食を終えた後、今度はホテルの目の前の港で

アジングをする。


僕がタックルを組んでいる間に神田さんが早々と2匹釣りあげ

僕も開始早々にアタリ。

P1030344.jpg

上がってきたのは15cm程のアジ。

その後一匹バラしてからはアタリが遠のき、移動した場所でも

ヒットしてくるのは・・・

P1030345.jpg
P1030348.jpg

アジではなく、ネンブツダイやハタンポのみ。

翌日に備えて23時過ぎに1日目は終了。

2017年12月2日
ソゲ 26cm x 1
アジ x 1
ネンブツダイ x 2
ハタンポ x 2

天気: 晴れ
水温: 未計測
海況: 微風、湾の外は波やや高し
潮  : 大潮
満潮: 4:54 / 16:26
干潮: 10:41 / 23:07
波 : 1.5m

ソゲのタックル
ロッド: SEPHIA BB S806ML
リール: SEPHIA CI4+ C3000HG SDH
ライン : VALIVAS AVANI EGING 0.8号
リーダー: DUEL HARD CORE エギングLEADER 8LB
ルアー: ラパラCD-7RH

アジングのタックル
ロッド: ABU HORNET HS-601L
リール: BIOMASTER C2000S
ライン : UNITIKA NIGHT GAME THEアジ フロロカーボン 2.5LB
ルアー: ECO GEAR アジ職人 アジマスト2" パールグロウ(夜光)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヒラメ

 おはようございます。

 イヤア、ヒラメは大きくても小さくてもいいですね。

 海底から表層まで一気に上がってくるのが不思議でもあり豪快でもありますね。

 釣れてよかった。

Re: ヒラメ

神田さん、こんばんは


ありがとうございます。

ヒラメの動体視力の良さと身体能力の凄さには

驚かされますね。


いつか持ち帰れるサイズをサーフから釣ってみたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。