久しぶりのツ抜けを目指してアオリイカを狙う - 若狭・越前エギング釣行 2017秋 -

P1030213.jpg
            
週末は絶好の釣り日和の予報だったので、新規のポイント探し

かたがた、今シーズン初めてのアオリイカ釣行で越前方面へ。


9月に入ってすぐ、行きつけの釣具店からセール案内の

DMが来ていて、エギング用のリールを新調したので

そのリールへの墨付けを兼ねての釣行でもある。

P1030220.jpg
P1030223.jpg

途中で友人をピックアップし、現地には午前4時半過ぎ着。

運良く尼御前トンネルの所に車を止められたので

明るくなるまで待って、駐車場所下のポイントに入ってみる。


わずか2投目で、昨夜苦労して組んだラインシスムごと

エギをロストし、幸先が悪い。


ここでは30分ほどシャクってみたが、結局アタリなし。


次のポイントを探して北上し、車中から河野宮ノ下の

突堤を見ると、先行者が3人いるものの、スペースは

十分にあったので、車を止めて入ってみることに。


しかし、ここでもアタリがない。

周りでも釣れている様子がないので、早々に切り上げ

銭ヶ浜まで大きく移動してみる。


車を駐車場に止めて、まずは南側へ溶岩が冷え固まったと

思しき、ごつごつした岩場を歩いて行くと・・・

潮通しの良さそうなポイントはどこも先行者が入っている。


仕方なく、ワンド奥の空いている場所から、エギを投げて

しゃくっていると、今日初めてエギを追いかけてくる

2匹のアオリイカの姿が偏光グラス越しに目に入った。


だが、足元まで来てもエギを抱かないので、エギのサイズを

3号から2.5号にサイズダウンして、同じ所へキャストしてみる。

しかし、今度は痛恨の根がかりで本日2個目のエギのロスト。


すぐに電車結びでPEとリーダーを結んでもう一度同じ所に

エギをキャストしたが、二度とアオリイカが追いかけてくることは

なかった。


北側の岩場へ移動してすぐ、エギが足元まで来た時に

黒い物体がエギをひったくっていった。

P1030210.jpg


足場が低かったため、アワせるや否やまともに墨攻撃を

くらってしまい、顔や服だけでなく、文字通りリールへの

墨付成功となった。


次に入ったのは、茂原の駐車場裏のテトラ帯。

入って一投目に待望の2杯目。

P1030211.jpg


しかし、後が続かず、少しテトラ帯を攻めた後

小さな突堤へ移動してみる。


透明度が高く、根が所々に点在しているのが

防波堤の上からも確認でき、なかなか良さ気な雰囲気では

あるが、なかなか数を伸ばす事が出来ない。

それでも根気強くキャストを繰り返し・・・

P1030212.jpg

どうにかコロッケサイズを1杯追加。


お腹が空いてきたので、休憩がてら大樟のコンビニで

買い物をし、ポイントを移動することにした。


次にやってきたのは、甲楽城漁港。

大波止根元のテトラ帯で狙ってみることにする。

ここでも一投目ですぐに結果が出た。

P1030217.jpg

が、ここでもやはり後が続かない。

何投かキャストしてはテトラ移動を繰り返し・・・

P1030218.jpg

何とか1杯追加。


友人が夜から用事があるとのことだったので

13:30過ぎに終了。


ネット上では、今シーズンのアオリイカは好調との声が

ちらほら聞かれるので、久しぶりのツ抜けを期待していたのだが

蓋を開けてみると、この時期にしては寂しい結果となった。

まぁ、腕が悪いのだから仕方がないね。

-- 釣行データ --

2017年9月10日
アオリイカ x 5ハイ
天気: 晴れ
水温: 未計測
海況: 凪
潮  : 中潮
満潮: 4:15 / 16:36
干潮: 10:31 / 16:33
波 : 0.5m
ロッド: SEPHIA BB S806ML
リール: SEPHIA CI4+ C3000HG SDH
ライン : VALIVAS AVANI EGING 0.8号
リーダー: DUEL HARD CORE エギングLEADER 8LB
エギ: エギ王Q 2.5~3号
ロスト数: 4個
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

久々

 こんばんは。
 久々の釣行ですね。

 いい釣果じゃないですか。
 苦手なぼくには、イカのこんな大漁、経験なしです。

 またアジも行きましょうよ。

Re: 久々

神田さん、こんばんは

ありがとうございます。
神田さんと三重へ遠征に行って以来の釣行でした。

はい、アジングもまたよろしくお願いします。