梅雨入り前の渓に良型アマゴを求めて - 三重渓流釣行 2017 夏 PART1 -

およそ1ヶ月ぶりの釣行は、釣友の神田さん

三重のホームリバー遠征!!


金曜日の夜から前乗りして、初日は朝5時起床。

朝一は、去年の同じ日に良型を何本も上げた場所へ向ったが

入渓地点に着くと、既に先行者のものと思しき車が止まっている。

それでもダム湖へ釣りに来たバサーであることに一縷の望みを

かけ、準備をしていると、先に準備を終えていた神田さんと

誰かの話し声が・・・


戻ってきた神田さんに、車の主がアマゴ狙いのアングラーで

あったことを聞かされ、少し気落ちしたが、せっかく準備を

したことだし、その人が釣った直後のポイントへ駄目元で

入ってみることにした。


しかし、結果は予想通り、全く反応がなく、早々にその場所を

切り上げて本流筋へと転進する。


次のポイントでは集合場所を基点として神田さんが下流エリアに

僕は上流エリアに別れて入ることにした。


開始後しばらくして、小さな落ち込みでルアーを襲ったのは・・・

P1030154.jpg

17cmのアマゴ。

P1030152.jpg

その少し上流で川が二手に分かれていたので

行ったことのない支流側を選択し釣り上がっていくと

川は一気に細くなり、次々に小堰堤が現れた。

P1030157.jpg


そのうちの1つの堰堤下で・・・

P1030155.jpg

ルアーサイズのアマゴを追加。

しかし、この1匹以外には全くと言っていいほど反応がなく

両サイドをコンクリートに挟まれ、連続する堰堤に嫌気が差したので

合流点に引き返し、本流を釣り上がることにした。


本流でもあまり反応は良くなく・・・

P1030167.jpg


P1030160.jpg

P1030164.jpg

スレがかりの小アユを1匹と16,7cmのアマゴを2匹追加したところで

集合時間になったので、一旦退渓して集合場所にあった喫茶店で

コーヒーを飲んだ後、ベースキャンプへ戻って小休止をする事に。


午後からは、先程よりも下流域で再び別れて入渓。

ここでは、前半こそ渋かったが、後半は瀬を中心に

20~24cmのアマゴを3本追加。

P1030171.jpg

ただし、中に鱗の剥がれまくった成魚放流らしきものも

混じってはいたが・・・

P1030169.jpg

神田さんから退渓する連絡があったので

僕も退渓して神田さんをピックアップし、今度は

別の支流の最上流部に大きく移動。


しかし梅雨入り前の好天に恵まれた土曜日ということもあり

既に先行者が入った後らしく、ここではルアーサイズの

アマゴを1匹追加したのみ。

P1030177.jpg

最後にもう一度、朝一に入ったポイントへ行ってみたが

ここでも思うような結果は得られず、初日は終了となった。


二日目も朝5時起床。

朝一は、昨日と同じポイントを目指したものの

入渓地点に着くと、本日も既に先行者のものと思しき車が・・・


今回は素直にそのポイントをあきらめて移動し

神田さんは、昨日僕が入ったポイントへ、僕はそこから

更に2km程上がったポイントへ入ることにした。


今日の初物は・・・

P1030178.jpg

やっぱりルアーサイズのアマゴ。

餌として食ってきたというよりは、口を使った

追い払い行動の結果、ヒットしたのだろうか?


その後1時間程は全くと言っていいほど反応が無く

「ポイント選びを誤ったかな?」と思いつつも

ひたすら釣り上がっていくと、やっと反応が出だした。

P1030180.jpg


P1030182.jpg

3本釣ったところで、神田さんから退渓連絡が来たので

僕も退渓し、集合場所へ。


本日はこれにて終了・・・という話も出たのだが

僕が近くで用事があり、それまでまだかなり時間が

あったため、一旦ベースキャンプへ戻って片付けをした後

本流と支流の合流地点から入渓し、神田さんは支流を

僕は本流を責めることに。


結局、1時間半ほどの間に、合流地点から

少し上がったところで・・・

P1030185.jpg

24cmのアマゴを1本

やや水深のある瀬で・・・

P1030186.jpg

今回の釣行で最大(だけど、たぶん成魚放流)の26cmのアマゴを

1本追加してタイムアップ。

P1030187.jpg

遠征したわりには、釣果は今一つであったものの

久しぶりの渓流釣りを堪能し、心地よい疲れと共に

帰路に就いた。


*釣行データ
6/3
アマゴ -23cm x 8匹
天気: 晴れ
水温: 14.0℃
風  : やや強い

6/4 (AMのみ)
アマゴ -26cm x 6匹
天気: 晴れ
水温: 未計測
風  : やや強い

ロッド: CARDIFF 62ULX
リール: BIOMASTER C2000S
ライン : SUN LINE Troutist AREA 4LB
ヒットルアー: リッジ56F ヤマメホロ
         リッジ56F ナチュラルヤマメ
         リッジ56F ブリリアントゴールド
         リッジ56S ブラッドオパール
         D-コンタクト50 アカキン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なかなか厳しく

 いやはやすっかりお世話になってしまいました。
 おおきに。

 櫛田川、さすがに有名河川とあって渓相も豊かですね。

 ぼくが入ったのはほんの一部。

 地図を開けば広いエリア。
 これで水量の豊かな季節であれば大きく違うだろうという気がしました。

 厳しかったものの、新天地に心が満たされました。

 重ねてお礼申し上げます

Re: なかなか厳しく

二日間お疲れさまでした。

去年その場所で良い思いができたからと言って

今年も・・・と言うわけにはいかないのが

釣りの難しいところでもあり、面白いところでも

ありますよね。


天気予報では、今週からいよいよ梅雨入りの予想

水量の回復に期待したいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。