京都渓流釣行 - 2015夏 Part1 -

今日は通院 & 午後から別の予定が
入っていたので、朝のうちだけ近場の
渓流に行ってみることにした。

三月に年券を購入していたにもかかわらず
今シーズン初の京都渓流釣行である。

5時20分入渓。
早速水温を計ってみる。

P1020184.jpg

前日の寒気の影響もあってか、この時期に
しては少し低い。

初めて訪れたこのポイントは漁協の管轄内
ではあるものの、漁協が発行している
地図によると「自然繁殖エリア」ということらしい。

入渓する時から苦戦は予想していたものの
なかなか魚がルアーを追う姿が見られない。

釣り開始から2時間、ようやく初ヒット‼︎
・・・と思ったら、即バレてしまった。

その後、何度か黒い影がルアーの後ろを付いてくることが
あったものの、沈黙の時間が続く。

1時間程して、堰堤の落ち込みにスピナーを
送り込んで見たところヒット‼︎

P1020191.jpg

・・・ところが、これもネットインする
前にバレてしまった。

めげずにもう一度攻めてみると、再度ヒット‼︎

P1020196.jpg

今度は無事にランディング。
型は小さいが、さすが純天然・・・キレイな魚体である。

その後1時間程頑張ってみたが、タイムアップのため
残念ながら結局この1匹でストップフィッシングとなった。

そういえば、釣り場周辺にはこんな看板があちらこちらに・・・

P1020199.jpg

一応クマよけの鈴をつけてはいるものの
数日前に滋賀で人が襲われたニュースが
あったばかりなので、ちょっとおっかない。

※釣行データ
釣果: アマゴ14cm 1匹
天気: 曇り時々小雨
水温: 12.6~12.8℃
ヒットルアー: ブレットン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 やっぱり源流部のようですね。
 水温の上がりにくいところですね。
 ここは全般に小さいけど、純天然というのがいいですね。
 ただ、堰堤で細切れにされており、近親婚が心配です。

堰堤

神田さん、こんにちは

「自然繁殖区」という文言に心惹かれた事もあって
敦賀釣行の際に教えていただいた所から入渓しました。

おっしゃる通り、短い間隔で堰堤が出現しますね。

近親婚の事までは思いが至りませんでした。
言われてみれば、確かに気がかりですね。

せめて魚道が設置されていれば、多少はマシなのかも
しれませんが。