2016 GW釣行 - 三重の湖編 Part1-

三重の遠征では、渓流以外に湖(リザーバー)でも釣りをしたので

湖編ではそちらの釣行について。


*5/1(日)

ここ数年、フローターフィッシングからは遠ざかっていたのだが

腰痛も日常生活にほぼ支障のないレベルまで回復したので

久しぶりに乗ってみることに。

160501-1.jpg


取付道路からフローターを徒歩で入水地点まで運び

湖の様子を確認する。

風がやや強く、湖面が少し波立っているが、向かい風になっても

エントリーポイントに戻れない程でもないだろうと思われ

10時過ぎに湖上へ。


始めてすぐに、ルアーをチェイスしてくる魚影を確認。

俄然やる気がわいてくる。


ファーストヒットは、岸沿いの立木周りを責めていた時

バイトしてきたのは25cm程のアマゴであった。

無事ランディングし、フローター用のスカリへ 。


それから間もなくしてセカンドヒット。

合わせると、大きな手ごたえと共にロッドは弓なりに。

そこからは、ドラグは鳴りっぱなしで糸は引き出される

一方である。


ラインは4lbなので無理はできないのだが

魚が向かう先には水中に沈む立木が・・・

「あそこに入られたらヤバイな」と思い、スプールに

軽く手を添えたのがまずかった。


次の瞬間、フッと重みは消えうせ、弓なりだった

ロッドはまっすぐに・・・痛恨のラインブレイクである。

姿を確認することができなかったので、魚が何だったのかは

わからないが、残念無念である。


気を取り直して別のルアーを結び直し、釣りを再開すると

すぐにまた大きな手ごたえ。

今度もドラグが鳴って、ラインがどんどん引き出されていく。

先ほどとは異なり、障害物らしきものは見当たらないので

無理をせずやりとりをしていたのだが・・・残念ながらバレてしまった。

戻ってきたルアーを確認してみると・・・

160501-1B.jpg


フックを伸ばされていた・・・そんなに無理なファイトをしたつもりは

なかったのだが。


その後、尺オーバーのアマゴを含めて数匹をばらしたり

フローターに引っ掛かったスカリの蓋が開いてしまって

スカリに入れていたうちの1匹が逃走してしまったりと

残念な思いも何度かしたが、夕方6時過ぎまでにアマゴ4匹を追加。

160501-2.jpg

久しぶりのフローターフィッシングを堪能することができた。

*釣行データ(5/1)
アマゴ 24-29cm x 5匹
天気: 晴れ
水温: 15.2-15.6℃
風  : やや強い
潮  : 長潮
ロッド: CARDIFF 62ULX
リール: BIOMASTER C2000S
ライン : SUN LINE Troutist AREA 4LB
ヒットルアー: リッジ56F/ヤマメホロ
リッジ56F/アユ-HM
リッジ56F/ホロテネシーシャッド
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント